このページの本文へ

このページの位置:
ホーム > 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き > いしかわ子ども総合条例改正について

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県議会議員 宮元陸氏インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

地方から国へ、呼びかけとしての条例改正

石川県議会議員 宮元陸氏

携帯電話の所持率を低下させることではなく、親に対して情報社会の在り方について考えさせることが目的だと述べる自由民主党石川県議会議員の宮元陸氏。全国初の携帯電話所持規制が盛り込まれた「いしかわ子ども総合条例」の条例改正に大きな役割を果たした、宮元氏に条例を作るに至った経緯から、その真意を伺った。

石川県では2010年1月1日より、小中学生に防災や防犯以外の目的で携帯電話を持たせないようにする保護者の努力義務を盛り込んだ「いしかわ子ど も総合条例」が施行された。2009年6月の条例改正では、フィルタリング解除を行なう際の保護者の理由書提出の義務付けとともに、全国初の携帯電話所持 規制が盛り込まれたことで、全国的に注目が集まっている。

このコラムでは、実際に条例改正への経緯や実施に向けての取り組みなどを石川県の関係者に取材し、シリーズでお伝えする。まずは携帯所持規制の努力義務案を提出し、条例改正に大きな役割を果たした、自由民主党石川県議会議員の宮元 陸氏にお話を伺った。

条例改正の経緯

-小中学生の携帯電話所持規制についてどのくらい前から検討されていましたか? また、きっかけとなった具体的事件などはありますか?

宮元:検討を始めたのは一昨年ぐらい前ですかね。法案についての個人的な思いは、「ゲーム脳」などが騒ぎになり始めた3、4年ほど前からありましたけれども。きっかけとなったのは、能登町のバット殴打事件*1や、私の住んでいる加賀市でも高校生が巻き込まれる事件*2がありました。それ以外にも出会い系サイト等の問題が出てきており、いよいよ都会だけの問題ではないと実感を持ったことでしょうか。
(*1 08年9月、石川県能登町の県立高校で、同校1年の少年(15)が同級生の男子生徒の頭をバットで殴り、重傷を負わせた事件。少年は「ブログに書き込まれた内容に腹が立ち、殺そうと思った」と供述した。)
(*2 08年8月、加賀市の風俗店で金沢市の小学校教員が現金を渡し、当時17歳の少女にわいせつ行為を行なったとして児童ポルノ禁止法違反に問われた事件。少女が中学1年生だった4年前にインターネットの出会い系サイトで知り合い、数回にわたってわいせつな行為を繰り返してきたという。)

-携帯電話の問題とされている中でどこを一番問題視していることは?

宮元:やはり出会い系サイトの問題がまずは一番大きかったんじゃないですかね。

-出会い系サイトは女の子の問題が多いと思うのですが、男子生徒に関してはいかがですか?

宮元:男ではなく、事件に巻き込まれているのは女性でしょ。特に(携帯電話の)所持率の高い高校生。

-主に女の子が問題なんですかね?

宮元:女の子の方が事件化していますから。

-最終的な目標は、女子学生の被害が減少することなんでしょうか?

宮元:女子学生の被害は氷山の一角、学校裏サイトのようないじめの問題もありますし、本来なら顔と顔とを合わせてのコミュニケーションが普通だったのに、機器を介さなければならなくなっている。対人関係がいびつになってきています。どこかで歯止めをかけていかないと。バーチャルリアリティと現実との区別が最近つかなくなっている部分は、極めて問題だと思っているわけですよ。そこを放置して人間として人と人とのつきあいができるのか。本も読まない、手紙も書かない子ども達をこのまま放置しておくと、薄っぺらい人間関係を作っていくことになるんじゃないかというのは、ものすごく心配です。

-携帯電話と非行の関係は、どのようにお考えですか?

宮元:ですから出会い系サイトもありますし、基本は見知らぬ人同士がどこでもつながるということですよね。我々が小さい頃は、繁華街で遊ばなければそういった連中に会わなかったのに、「どこでもドア」のように出会えてしまう。こんな怖いことはないと思いますね。本人が非行のつもりではなくても、誘われ、引きずり込まれてしまうものだと思うので。携帯電話は、あまりに安易に直結するツールとして、非常に怖いと思いますね。

-党内の議論の中では、所持規制を条例化することのメリットとデメリットについて、どういった議論がありましたか?

宮元:自民党の中では、反対意見はあんまりなかったですね。実際、みんな議員として地元の活動を行っていく中で最近の子どもの動きを肌で感じていましたし。(条例の改正部分が)訓示的なものでもマイナス面は大きいという議論には会派の中ではなかったですね。もちろん他会派では反対意見はありました。

-県議会の中での異論は?

宮元:最初の改正条例案の段階では、携帯電話所持規制の対象に高校生も入れるつもりだったんです。ただ既に高校生は所持率が90%を超えており、規制するのはいまさら難しいと他の会派から反対を受け、ダメになった。反対会派の一つからは、強制力、拘束力が生まれ、それはいわゆる表現の自由や幸福追求権というのか良く分かりませんけど、それにも抵触するという意見もありました。ただ努力義務規定であるため、そこまでの強制力はなく法的な問題はないと。ほとんどの会派からは高校生の規定を除外した段階で、良いのではと言われました。
石川県PTA連合会も積極的にやってくれたんですよ。条例についてもものすごく賛成してくれましたし。野々市町の団体(ののいちっ子を育てる町民会議)も含めて、国の教育再生懇談会の動きや大阪府の橋下知事の発言などが条例成立時に重なり、やるタイミングとしては絶好の、ここしかないというタイミングでしたね。

条例の性格

-「インターネット環境整備法」が09年4月から立ち上がりましたが、この時の議論はどのようにご覧になっていましたか?

宮元:国でも教育再生懇談会などでの議論がありましたが、なかなか(国単位で子ども達の携帯電話所持規制について)強制力を持たせるのは難しいし、最後は教育の問題かなというように思っていました。

県の改正条例は、フィルタリングの点では国のインターネット環境整備法と補完関係にあります。地方自治体の条例は、国の法律を飛び越えて制定することはできませんから。

-携帯電話の所持規制の部分はいかがでしょう。

宮元:所持規制については「努力義務」で、ご存じの通り拘束力はないですから。訓示的な意味での条例であり、啓発活動、呼びかけのようなものだと考えています。

-つまりこの条例の目的は、携帯電話の所持率を低下させることではなく、親に対して情報社会の在り方について考えさせるというのが落とし所でしょうか?

宮元:落とし所は、まさにそこですね。子どもが携帯電話の通話料を払う訳ではないですから、親に対しての話ですよ。強制力は全くなく、携帯電話の所持、不所持については本人の意志次第ですが、改正条例のように文言を明文化することに意義があるんです。分かっていても言わないのが今の世の中ですから。

-それでしたら、この条例はだいぶ誤解されてますよ。

宮元:携帯電話の所持規制ってなんて強引な、という感じでしょうね。まぁ小学生、中学生は(携帯電話は)いらないだろうと。田舎といったら怒られますけど、地方ではそういう考え方が多いと思いますよ。だからテレビやマスコミは「持たせない」条例と取り上げて、中身と努力義務の言葉自体もあまり分かっていない。半強制的に持たせないようにするのでは思われてしまっているんでしょ?

-所持規制という表現が、やはりインパクトありますからね。

宮元:ストレートな表現を使うことによって関心をひくのも事実なんで。石川県は最初ものすごく嫌がったんですよ。というのも執行機関は責任を負わなければならないということで、猛烈な抵抗があった。役人だから批判を受けるのがいやなわけですよ。僕らは「批判オーケー、やってよ」という立場ですから。

しかし今回の所持規制については、強制をしたりということでは一切ないんです。強引な手法で啓発をしていこうということでもないし。条例に関してはあくまできっかけ、インパクトを与えるものであり、犯罪が多発する中で真剣に話し合いをする場を作ってほしいということなんですよ。

-ちなみに、議員はお子さんがいらっしゃるんですか?

宮元:娘は一番危ない歳なんですよ。高一、中一、小五の女の子がいるんで、心配で仕方がないんです。

-娘さんが携帯電話持っていたら、記事になっちゃいますよね。(笑)

宮元:記事になるどころか、議員をやめなきゃいけないんじゃないかと思いますよ。(笑)

-娘さんは携帯電話を持ちたいとおっしゃっていますか?

宮元:高一の長女は持ちたいと言っています。携帯電話を持っていないことで、娘が孤立しているんですよ。中学の時はそもそも所持率が低かったんですけど、高校に行ったら携帯電話を持っていない割合と持っている割合が逆転してまって。持っていない数パーセントに入っている訳ですよ。完全に孤立しているんです。

親、先生の言うことを聞いているのに孤立するのというのは、まずいことなんだよね。持っていない子を孤立させる、いじめにあうというのは絶対にいけない、それはダメですよ。

でもね、僕は絶対携帯はダメだと。娘はかなりショックを受けていたようで、最初、口をきかなかったですね。押し付けるわけでもないですけど本人のためでもあるし、ダメだと。どうしても欲しいのであれば、自分で稼げと極端な言い方もしましたけどもね。

-娘さんにはどのように説得されたんですか?

宮元:メールが来たらすぐ返さなければいけない、何秒間ルールとかあるんでしょ?あれは拘束されちゃう。便所、風呂、寝る時も肌身は出さず持っているし、これはまずいという話と、お父さんの立場の話をして。まあ相当不満だったようですよ。どうしても使いたいのであれば、家の電話をお母さんの前で使えば良いんじゃないかと。家ではそうしています。

-やはり娘さんは携帯を必要とするシーンがあるんでしょうかね?

宮元:クラブ活動などの連絡網で、携帯電話を使う場合もあるそうなんですよ。学校もそういう風にしちゃったんですよね。

-最近、そういうところ多いみたいですね。

宮元:そうでしょう。ただ部活の指示を出すのは先生とかでしょ。携帯電話等に頼らずに学校で連絡するとかね。僕の時にも連絡網がありましたよ。電話番号がピラミッド式に書いてあってね。

-最近は個人情報保護法の影響で、連絡網の扱いが難しいという話は聞きますね。過剰に反応している部分もあるとは思いますけど。

宮元:そうそうそう。アホな法律を作るからおかしくなるんでね。法には違反していないのに、過剰に反応しちゃっているんですよね。

規制条例が投げかける影響

-今回の条例改正について全国から注目を集めていますよね。立案者としてはどのようにお考えでしょうか?

宮元:全国で初めてやるということが大事なんです。二番煎じ三番煎じではインパクトがないんですよ。地方から国を動かすことが出来る一つの考え方なんです。他の自治体が関心を持ってくれて、そこが多ければ多いほど志は果たせるので、追随してもらいたいですね。

-他自治体から石川県にヒアリングに来られることも多いと聞きましたが。

宮元:他自治体の議員はかなり来ています。話を聞きに来たり、政務活動の一環として、執行部に来ているみたいですよ。今でも大手の新聞で取り上げてもらったりしていまして、非常にありがたいですね

-他県では啓発活動が行なわれず、単純に所持規制だけ行われる可能性はないでしょうか?

宮元:そんな度胸のあるところはないですよ。いろいろ聞いてきますけど、そこまで強制力がある所持規制をするのは基本的に違法、憲法違反ですから。ここまで話しても、なかなか分かってもらえないんですよ。

情報リテラシー啓発の課題

-保護者への情報リテラシー啓発プログラムが必要だと思いますが。

宮元:必要ですね。携帯電話不所持について条例化しましたが、本来であれば条例化は必要ないことなんです。昔の日本であれば、しつけ、家庭内教育がしっかりとしていたんですが、現在ではそうではなくなっています。それを代わりに行政が行っているというのが、本当のところですよね。そうしないと、どうしようもなくなっているんではないでしょうか。

-保護者に対する啓発プランとはどのようなものですか?

宮元:行政の家庭への関わり方についていろいろと指摘する方もいますが、行政は血税である教育予算を獲得した上で子ども達に行っているわけで、説明責任もある側です。どこかが手本にならざるを得ない時に、行政が権威者になっていくべきだと僕は思いますけどね。(家庭内の)自主性に任せますというと、野放しになるわけですよ。

-子どもたちに対してリテラシー教育を行った後、その効果測定はどのようにしていくのですか?

宮元:技術的な面は分かりませんけども、もともと情報リテラシー教育を行おうとしていたが、ほとんど機能していないわけですよね。かと言って、それはやめてしまえということではなく、それと同時にしつけも行っていかなければならないと僕は思います。子どもが防犯、防災の目的で(携帯電話を)使うのは良いけれども、それ以外にプラスになるか私は、非常に疑問ですね。

-条例の第33条2の4に、「保護者、地域団体、学校関係者その他の青少年の健全育成に携わる者は、相互に連携して、携帯電話端末等の適切な利用に関する取組の促進に努めるものとする」とあります。この文言があるということは、県下の学校に対して何か啓発プログラムがあるのですか?

宮元:去年、石川県の監査委員をしていた時に、各高校を回ったんです。学校の校長、責任者の先生の本音は、出来れば(生徒に)携帯電話を持たせたくない、勉強に専念してほしい訳ですよ。責任ある立場のだれかが旗を立ててくれば指導し易いと直接聞いたものですから、旗を立てなければいけないだろうと。さっきの非行の問題もそうですけど、小学生、中学生でもみんな一緒ですよ。教育現場は絶対、(この条例改正について)喜んでいると思いますよ。

-既に携帯電話は社会的インフラとなってますから、大人になれば、いずれは持つわけですよね。その時までに、何らかの教育プランはあるんでしょうか?

宮元:そんなものないですけど、僕らだっていきなり使っていたわけですから。そんなことよりも道徳観、倫理観や分別わきまえた人間を作るべきで、その上で情報機器を使えば良いのではないでしょうか。現状で携帯電話に依存し、本を読まないことなどが問題になっている訳です。

アーカイブ

ページトップへ