このページの本文へ

このページの位置:
ホーム > 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き > いしかわ子ども総合条例改正について

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県野々市町保護者インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

持たせない運動の実態とその影響

「危険がいっぱい!子どものケイタイ」(町役場入り口に掲げられた看板)

急遽、野々市町に住む3人のお子さんをお持ちの保護者の方に、実際の野々市町の携帯事情について伺った。県や町が力を入れているというリテラシー教育だが、実態はあまり浸透していないようだ。

携帯不所持運動を成功させた野々市町は、立地条件といい地域性といい、かなり特殊な地域である。運動の実態や成果については、本当にメディアに伝えられているような実態なのだろうか。

我々は実際に野々市町に住む保護者の方にお話を伺うべく準備を進めていたが、不思議なことに取材スタッフが手配した保護者の方が3名とも、前日になって突然取材キャンセルという連絡が入った。

筆者がTwitterで野々市町在住の保護者の方を募集したところ、幸いなことに1名の方がインタビューに答えてくださるという。野々市町役場の一室をお借りして、野々市町で展開する携帯不所持運動の実態と地域事情などについて、お話を伺うことができた。

仮にお名前をK氏としておこう。金沢市を中心にIT関連の仕事をされており、野々市町に住んで20年近くになるという。大学生、高校生、中学生の3人のお子さんをお持ちで、全員野々市町で育っている。6年前に始まった小中学生への携帯不所持運動の影響を受けたのは、現在高校生のお子さんから、ということになる。

野々市町の生活環境

—高校生のお子さんは金沢市内の高校に通われているそうですが。

K氏:長男も同じ高校なんですけど、次男も進学のことも考えて金沢市内の高校を希望しました。中学校を卒業して野々市町の高校(明倫高校)に行く人も多いんですけど、ランク的というと、中ぐらいになる感じですね。

—お子さんは電車で高校まで通ってらっしゃるんですか?

K氏:自転車ですね。公共の交通機関を使うと、一旦金沢まで出てまた戻らないといけなくなりますし。雨が降っていれば、私が一緒に車に乗っけていくこともありますね、私も仕事がそっち方面が多いので。帰りは遅いので、迎えに行ったりします。

—そうするとやはり、送り迎えの連絡なんかでは、携帯が必要になりますよね。

K氏:子どもが高校生ぐらいになると行動範囲も広いので、携帯電話がないと困りますね。中学生の間で携帯が必要ないのは、生活圏が野々市だけで完結してしまうということがありますね。

—高校生になったら自動的に携帯を、といった感じなんですかね。

K氏:どうしても必要になってくるので、親の側から「携帯を」と言いましたし、それが地域では暗黙の了解のようにはなってますね。やっぱり公共交通機関というのがあまり利用できないし、部活などで遅くなったりするんで、迎えにいったりするために必要がありますし。

—野々市町の主な交通手段は車ですか?

K氏:車がないとやっていけないですね。うちも仕方がなく、二台ありますし。通勤も車です。駅周辺の方とかは、金沢市内に電車に通う人もいます。学生も多いですし、朝はそれなりに電車も混みます。

—野々市町の子ども達が遊びに行く時、どこに遊びに行くんですか?町内に繁華街のようなところはありますか?

K氏:繁華街と言えるようなところは特にないですね。御経塚(おきょうづか)というところに大きなショッピングセンターが一つありますけど、後は町役場近辺に店舗が増えてきてます。元々の役場があった本町には、ほとんどお店はなくなってきてます。子ども達がたまるような所と言えば、すぐ近くが金沢市なので、そこまで行けばいろいろあるでしょう。ただゲームセンターなどには、小中学生は出入り禁止ということになっています。うちの子どもたちですと、友達同士の家に行ったり来たりとかですかね。中には、金沢の方へ遊びにいく子もいるかもしれませんが。

—野々市町は金沢市に隣接した住宅地のようですが、転校、転入する生徒は多いんですか?

K氏:転校はそれほど多くはないようですね。もしかしたら野々市町に越してくる人は、子どもが小さい方が多いんじゃないんですかね。結婚して間もなく、アパートに入る方が多いみたいですね。私が越してきた20年ほど前から、バタバタと住宅地とか商業施設が建ってきました。家の周りも、昔は田んぼだったのがアパートとかになってますね。

持たせない運動の実態

—"ののいちっ子を育てる"町民会議の活動は、どれぐらい知られているんでしょう?

K氏:町内の人は大体、町民会議の存在自体は知っていると思います。私も存在自体は知っていましたけど、ネットで検索してみて不所持運動の詳しいことを知ったという感じですかね。もちろん、子ども達が学校からプリントを持ってきたり、携帯についての講演などもありますし、そういった知らせは見て来てはいるんですけれども。私に関しては、あまり意識してこなかったですね。

—6年前から携帯電話不所持運動が始まったわけですが、お子さんは何かおっしゃってますか?

K氏:大学生の子は、特に何も意識はしていなかったということでした。不所持運動で携帯電話を持たせていないわけではなく、そのころ、本人達が必要としていなかったですね。昨日か一昨日か、たまたま一番下の子と同じ中学校の、3年生のお子さんを持つお母さんに話しを聞いたんですけど、中3ぐらいになると、実際には子ども達の半分ぐらいは携帯電話を持っていると言ってました。不所持運動については、そのお母さん自身も、携帯電話を持たせるのならばきちんとリスクを説明する必要があるというので、評価しているということでした。

—町役場の方や町長さんは、中学生の所持率も低いとおっしゃいますけども。

K氏:おそらく学校とかには公にしていないだけなんでしょうね。でも子どもたちの間では知っているし、それなりに必要だから持っているんですよね。塾とかは終わる時間が遅いですからね。

—今中学生のお子さんも、周囲の子の所持率が5割近くなったら欲しいと言うでしょうか?

K氏:うーん、どうでしょうかね。野々市ではまだ普段の生活で、中学生に携帯が必要にならないですし。うちは仕事柄もあって、家に供用のパソコンが2台あります。

中学生の子に「携帯電話がいるか」と聞いても、パソコンもメールがあるし、パソコンでブログも書いてますので、「別にいいよ」という感じですね。上の2人の子も、中学校の時に携帯電話がほしいとは全く言いませんでした。このあたりは、家庭の状況によっておそらく違ってくるとは思いますが。

—町としては、地域全体で子どもを見ていくんだという方向性があるようですけど、PTAとして協力を要請されたことは?

K氏:町全体の動きとは別で、小学校の子ども会では朝、通学路に立ったりですとか、お祭りの時に神輿の後をついていったりとかしましたけど、町からの要請というのは特にないですね。野々市町の場合は見守り隊というのかな、子ども会からもお願いしてお年寄りの方たちが小学生の通学路に立って下さっています。通学路にある途中まで踏み切りのところまでとか、交差点のところとかに立ってくれてます。

—町役場のお話を伺うと、持たせないという教育よりもリテラシー教育の方を強化されている印象を受けたんですけど。

K氏:子ども達からそういった話は特に聞かないですね。プリントを持ち帰って来て、親に対しての講演などの告知などは見たりしますが、リテラシーに力を入れているかというと、そういう感覚もないですね。このお話を頂いてからネットで調べたところ、インストラクターの講習などをやられたりとかしたみたいです。取り組みとして良い悪いは別にして、そういう機会があるのは良いことだと思っています。

条例の影響

—町役場の前に「危険がいっぱい!子どものケイタイ」という看板が立ってましたけど、町民の方はやはり携帯は悪だと思っているんですかね?

K氏:大方の人たちはおそらく、悪いイメージを持たれている訳ですよね。しかしどうなんでしょうね?親御さんはそこまで思っていないと思ってます。

—石川県の条例による所持規制については野々市が震源地のような扱いになっているんですけど、どうお感じですか?

K氏:それほどでもないのに、というのにという感じですね。この前話したお母さんは、自分が携帯電話について分からないので、取り組みの一貫としていろいろ教えてもらえるので安心だとは言ってました。私は、条例で規制するというのはあまり納得できないというか、違和感を持っているというか。学校でも本当の意味でのリテラシー教育はやっていない気がしますし。

—県の条例は、野々市町の保護者から見てどのようにお感じになりますか?

K氏:条例は子どもたちのことを思ってのこと、というのは重々承知なのですが、残念ながら「持たせない」の背後に、子どもを信頼しない、見くびっている、という気がしてならないのです。「あなた達には危なくて使いこなせない、親もどうせわかっちゃいないから、あなた達を守ってあげるんだ」というような...。保護者の中にもそういう考えの方がいて、中学3年生の娘さんがいるお母さんが「小中学生に指導の徹底と正しい判断力を求めるのは難しい」と言っていました。しかし、「だから持たせない」で済ませてしまうのは、大人の怠慢だと思います。携帯の負の側面を強調し、持たせないですまして、純粋培養して放り出される方が危ないのですから。子どもたちの能力を見くびらないで、一緒に良い環境を作って行きたいものです。

—中学生のお子さんが欲しいと言えば、持たせますか?

K氏:理由さえ納得できれば別に良いんで。ただ家族5人分の携帯電話料金を支払うとなると経済的には苦しいので...(笑)。納得する理由があれば持たせる、我慢できるものであれば我慢してね、という感じですかね。

アーカイブ

ページトップへ