このページの本文へ

このページの位置:
ホーム > 子どもの利用実態 > ケータイ小説とネットの関わり

「ケータイ小説とネットの関わり」
ケータイ小説家 ココアインタビュー

カテゴリー: 子どもの利用実態

本当の自分はネット上にいる!?

10代のケータイ小説家ココアさん。彼女が書いたケータイ小説では書籍化されるなど支持を受けている。彼女のリアルなケータイ事情からは、ちゃんとした危機管理能力が見て取れる。ケータイ禁止されるのは「ちょっとなぁ...」という彼女。「ちょっとなぁ...」に含まれている想いを読み解いていく。

作家プロフィール:ココア
ケータイ小説コンテスト「iらんど大賞2007 ケータイ小説アワード」にて『COOL†boy(クールボーイ)』が文庫最優秀賞を受賞。同年書籍化デビュー(アスキー・メディアワークス刊)。

サトさんよりもさらに若い10代のケータイ小説作家・ココアさんとの対談は、まるでケータイ小説の文章のように歯切れよく、リズミカルで、簡潔なセンテンスが飛び交う会話となりました。

若い人たちのメールのやり取りのようなインタビューで、少し読みにくいかもしれませんが、リアルな彼女たちの感覚をそのままお伝えしたいと思います。

PCやケータイの利用の仕方など、若い方々がどのようにインターネットと関わって生活しているのかこの会話から浮きあがってくるのではないでしょうか。

小説との出会いは"検索"

—いつ頃からケータイ小説を書き始めましたか?

ココア:中学生の時、12歳頃からやっていました。ペンネームは違いましたけど。

—デビュー作は『COOL†boy』。

ココア:そうですね。

—何故ケータイ小説を書き始めたんですか?

ココア:初めに読んだのが『被害妄想彼氏』 ※1 で。すごい面白くってそれで。

—あれ、面白かったね(笑)。

ココア:面白かったですね(笑)。

—ケータイで読んだの?

ココア:ケータイで読みました。

—ケータイを持ち始めたのは?

ココア:小学校5、6年生の頃。

—小学生というと、ケータイの契約者はお母さんですか?

ココア:お母さんです。

—そうするといわゆるキッズケータイではなく大人用ケータイですよね?

ココア:はい

—すぐ、インターネットに接続して使うようになりました?

ココア:はい。

—もともとPCは使っていました?

ココア:PCは使っていなかったです。

—インターネットは好きですか?

ココア:ひまつぶしには、なります(笑)。

—では、インターネットの利用はケータイの方が先ですね

ココア:ケータイのほうが先です。

—でも学校では授業でPCを使うこともありますよね。

ココア:やっています。

—魔法のiらんどはどうして知りました?

ココア:さっき話した『被害妄想彼氏』で知って。小説のあるHPを見たら、そこに魔法のiらんどのケータイ小説コンクールへのリンクがあったので、そこをクリックして知りました。

—『被害妄想彼氏』はどうやって知ったの?

ココア:読んだきっかけは「被害妄想」の意味をインターネットで調べようとしたら、この小説が一番上に出てきたんです。被害妄想の長い説明なのかなと思って読んでいたら、小説で(笑)。

—検索したの?

ココア:ケータイのYahoo!で調べました。被害妄想って何かなと思って。それで読み始めました。

—ケータイ小説のことは、その時は知らなかったの?

ココア:はい。

—小説を書くようになったのはどういうきっかけですか?

ココア:親に聞くと、元々小さい頃はマンガを書いていたらしいんです。話を作るのが好きなのか、自分オリジナルのストーリーを作っていて。

—ケータイ小説の書き方やwebへのアップの方法は、他の作品を読みながら使い方を学んでいったのでしょうか?

ココア:それが、そもそも読者が読めるということ知らずに書き始めました。HPも公開されているとは知らず、見られるのは自分だけかなと思っていて、自己満足で作っていた感じですね。

—最初からHPを作っていたの?

ココア:最初は、本棚 ※2 だけです。

—初めてケータイでHPをつくった時、難しくなかった?

ココア:適当にやったら出来ました(笑)。

—書き始めたのはいつごろですか?

ココア:2004、2005年ごろ。最初のペンネームはココアじゃなかったんです。その頃、書いていたのは学園モノです。ペンネームをココアにしたのは2006年。『COOL†boy』を書いたのも同じ2006年です。

—小説を書きあげるのに、どのくらいかかりましたか?

ココア:全部書き上げるのには3ヶ月。

—書いている時は面白かった?

ココア:書いている時は楽しかった。

—全部、ケータイから書いているのですね。

ココア:全部ケータイからです。

—普段、本は読みますか?

ココア:あまり読まないですね。『親指さがし』 ※3 とかそれぐらい。

—学校では、作文が得意だったとか?

ココア:まったく(笑)。作文はまた(ケータイ小説と)違う。

—どんなマンガが好きですか?

ココア:基本、学園モノですね。

—学園モノが好きなんですね。

ココア:そうですね。身近だからじゃないですか。

—自分の経験は小説の中に入っていたりします?

ココア:ちょっと入っています。

—ココアさんの作品は実話系ではなくて、理想の男の子と主人公の女の子が恋に落ちる、いわゆる"妄想系"と呼ばれるストーリーですよね。

ココア:はい。そっちの方がぶっとんだことが書けて面白いかなって。

—恋愛に関しては?

ココア:恋愛は、すべて空想です(笑)。

—自分の心の中に居る好きなタイプの男性を描いているの?

ココア:いえ。ほとんど正反対な嫌いなタイプを書いている。

—他の作家さんの作品を読むことはありますか?

ココア:他の作家さんの作品はほとんど参考にしません。

—自分の作品がマンガ化や映像化されることは想像しますか?

ココア:うーん、映像化はあまりないような気がする。自分の中でキャラクターのイメージを映像的にはあんまりよくつかんでいないので・・・。見ればいいかなって思うかもしれませんけど、もしキャラクターのイメージが実際映像化した時に外れてしまうかもと思うと、どうしようかなって思います。

※1 ひがいもうそうかれし。著者:アポロ。コメディタッチで描かれたケータイ小説

※2 書いたケータイ小説を一覧で見られるwebページ

※3 ホラー小説。著者:山田悠介。2006年映画化

ケータイ小説家になってから

—ココアさんにとってケータイはどのようなものですか?

ココア:便利。

—何をするのに便利?

ココア:わからないことを検索したり。あと、メールですね。

—友達とメールのやり取りはけっこうしますか?

ココア:やりますね。

—HPとか掲示板でコミュニケーションをしないの?

ココア:特定されるのが嫌だから書き込まないですね。

—友達同士で掲示板や日記を共有したりしないの?

ココア:友達同士では、やりませんね

—お友達はココアさんがケータイ小説家だと知っていますか?

ココア:いやぁ、知らない。

—どうして教えないの?

ココア:自分の妄想が、ばれたくない(笑)。

—ばれると困る

ココア:ばれたら困ります(笑)。

—ケータイ小説を書いていて、良いことや楽しかったことはありますか?

ココア:読者の人が感想をくれたりすることですね。

—コメントは私書箱 ※4 に届くのですか?

ココア:そうですね。

—コメントから勇気づけられたことは?

ココア:はい。もう一回、小説の更新をやろうと思える力になる。バッシングとかも逆に参考になります。

—印象に残ったコメントはどのようなものですか?

ココア:うれしかったなって思うのは『COOL†boy』を書いていて、そのストーリーと同じように学校の生徒会長に恋している人から、「がんばります」って言われて。「じゃあがんばって」みたいな返事をしたり。バッシングのコメントで説明文が短いとか、何やっているか分からないって言われた時は、後々自分でも注意するようになりましたね。

—バッシングのコメントをもらうと、どんな気持ちですか?

ココア:いやぁ、当たっている、ばれちゃったと思いました。

—魔法のiらんどでのケータイ小説アワードでは、文庫最優秀賞を受賞したんですよね。そのときはどんな気持ちでした?

ココア:一瞬、詐欺だと思った(笑)。アワードの事務局から受賞おめでとうございます、書籍化候補になりましたってお知らせが来たときも、嘘だと思って一回無視していましたね。

でも何度か同じお知らせが来て、「これやばい、本当だ」って思いました。ケータイ小説を書いていることは親には話していなかったので、一晩考えてからお母さんに言って。それで「確認してみたら」と言われて事務局に返信したんです。

—その時、お母さんはどんな感じでした?

ココア:はじめ「嘘ついてるでしょ」って言われました。なので、受賞した小説のサイトを見せて、そこのブログに母親との会話をそのまま載せて、それを見せたらやっと納得してくれました。

—お母様はケータイ小説のことは理解していましたか?

ココア:あの時は分かってなかったと思います。「遊びでやってなさい」とかも言われましたね。

—自分の書いたものが本になるってどんな気持ちでした?

ココア:実感は湧かなかったです。本になった後に読んで初めて「自分の作品じゃん!」みたいな。本屋行ったら、本当にあるんだという不思議な感じでしたね。

※4 メールアドレスを公表せずにメッセージを送れる魔法のiらんどの独自機能


●ココアさんが初めてケータイ小説に出会った時のお話は、大変衝撃的に感じました。子どもたちがインターネットという広い海の中から何かに出会っていくプロセスは、ココアさんの場合のように思いもよらないきっかけからなのです。

インターネットにはどんな可能性もあるということなのですが、反面、危険もあるということですね。また、小学生からケータイ小説を書いているココアさんは、自然とインターネットの双方向性を理解して活用しているということが良くわかります。

ケータイとPC

—ケータイがあって良かったこと、悪かったことを教えてください。

ココア:あって良かったことは...。何度も言うけどひまつぶしと便利。メールなら夜中でも伝えたいことを気軽に伝えられるとか。悪い事は、ケータイに限らないことだけど、ネットで騙りが出来ちゃうのはどうかなって思います。

—だまされたことある?

ココア:いや、見抜きましたね(笑)。

—PCは自分専用ですか?

ココア:自分のです。

—ケータイとPCってどのような使い分けをしていますか?

ココア:PCはお遊び感覚で使っています。動画サイトで暇つぶしとか。ケータイは友達や家族と連絡を取るのと、ケータイ小説を書くぐらい。

—どちらかといえばPCでは受け身な使い方をしているということ?

ココア:そうですね、PCのときは見る側なので。何となくだけど、PCから何かを発信すると個人を特定されそうな気がするんですよ。

—ケータイの方が安全?

ココア:いやぁ、ケータイの方が安全とも言いにくいですけど。ケータイの方が使いやすい、見やすいんで。

—小説はPCでは書かない?

ココア:小説はPCからやりません。

—どうして?

ココア:文字数のカウントがうちのPCからだと出ないんです。1,000文字以内で文字数がカウントできないと、小説を書くときのページ更新ができないので。あと、タイピング遅いんでイラついちゃうんです。

—ケータイで文字打ち続けると手が痛くならない?

ココア:痛くなりませんね。

—よくケータイ端末を潰しちゃう人がいると聞きますが。

ココア:真ん中のボタンが効かなくなっちゃって。電池パックも3回ぐらい変えて。

—そうするとPCの方が早いんじゃない?

ココア:やっぱりタイピングがダメなんですよね。両手打ちが苦手なんです。

—何かを検索するのもケータイが多いですか?

ココア:検索では、PCの方が幅広く探せる感じはします。

—大人になるにつれPCへ移行していく人も多いですけど、ココアさんは?

ココア:それはないと思いますね。

書くことと、将来のこと。

—ケータイで小説を書き続けることは楽しいですか?

ココア:書いているのは今でも楽しい。

—ストーリーの流れなどは、身近な出来事を参考にしているの?

ココア:そうですね、バイト先とか学校とか身近な所から。

—ケータイ小説を書くことは、ココアさんにとってはどんなことですか?

ココア:えぇっと。楽しいですが、これ書いて大丈夫かなと思うこともあります。

—書いていて良かったことはありますか?

ココア:あります。自分の中で今日は何ページ書こうと思っていて、書きあげると。

—達成感を感じる?

ココア:はい。

—読者に読んでもらう努力は何かしました?

ココア:いや、それがしてないんです。

—自然に読んでもらって、どんどん人気が出てきた感じ?

ココア:そうですね。だから、自分が今、ここにいるもの信じられなくて。

—みんなに見てもらいたいという気持ちは生まれませんか?

ココア:がんばろうとは思います。でも、皆さんそれぞれの趣味や好みなので、強制的に読んで、というのはないですね。

—将来の夢は?

ココア:今はないです(笑)。

—小説は書いていきたい?

ココア:出来る限り書き続けたいです。はい。

—面白いから?

ココア:それもありますし、ありえないような設定の作品を書いて自分で読み返すのが楽しいですね。

—これまでにない独創的な作品?

ココア:目指すのはそれを。

—尊敬している人は?

ココア:コメディものの小説を書いている人です。

—何でコメディが好きなの?

ココア:楽しくて幸せな気持ちになれるから。

—他に好きなケータイ小説は?

ココア:『S彼氏上々』 ※5 です。

—ケータイ小説以外は、好きな物語とかある?

ココア:ケータイ小説に限らず、年上とか年齢差がある話が最近、好きになってきました。

—10年後どうなっていると思う?

ココア:10年後ですか...(笑)。とりあえず、嫌いなものを食べられるようになりたい。嫌いなものがいっぱいありますね。食わず嫌いなので。

※5 えすかれしじょうじょう。著者:ももしろ。意地悪(=S)な彼との恋愛を描いたケータイ小説の人気作品


●ここでは、PCやケータイでのインターネット利用を詳しく訊いてみました。身近なことから発想して書くことを楽しんでいる毎日が想像されますね。

ケータイ小説は、こうした等身大の言葉やリズムによって綴られるからこそ、同世代の若い人たちの共感を呼ぶのでしょう。プロの作家さんや大人には意識しても書けない文章、内容であるからこその魅力なのだと思います。

デビューしてしまった"怖さ"

—もしも、ケータイやケータイ小説がなかったら?

ココア:PCをもっと早く持っていて、多分、動画サイトなどを見ていたのでは。

—ケータイ小説以外の場でも、自分で何か書いたりしていたと思う?

ココア:それはないです。

—個人的にケータイ小説は新聞や雑誌の連載小説に似ていると思うのですが、書いていてどう思いますか?

ココア:面白いですね。読者のみなさんの反応を見るのも面白い。

—小説を書いて、その反応を見ながら読者から元気をもらって・・・。

ココア:そうですね。

—ノートに書くことはないの?

ココア:文字でノートに書くことはないですね。疲れちゃう。

—小説を書く最初がケータイなのね。

ココア:怖いですよねぇ(笑)。

—どのように怖いと思います?

ココア:今は、何冊か書籍化させてもらったので怖いという感覚はないですけど。でも、以前は、誰かに読ませるつもりもなくて書いた小説に、いきなり読者から感想をもらって。それがどんどん人気になっていって、受賞して、本になって・・・。「何これ」って感覚はありました。

—小説家としての自分の夢は?

ココア:自分の夢...。

—もう、夢がかなった?

ココア:そうですね。書籍化されたことは大きかったですね。

—これからの作品の構想とかはありますか?

ココア:今、書いている連載は年上の彼氏ものなんですよ。これおわったらどうしようかなぁと漠然と考えています。あとは短編中心になりそうですね。短編の方が簡単なので。

ネットの場所は、自分の創った場所

—ケータイのインターネットでコミュニケーションをとること自体が危ないということで、不所持を条例化する地域もあるのですがどう思いますか?

ココア:「ちょっとなあ」って思いますよ。

—ちょっとな(笑)?

ココア:危ないですね。

—たとえば実際に、18歳以下はコミュニティサイトにアクセスできないようになったり、ケータイを所持できなくなったりしたらどうですか?

ココア:困りますね。自分の書きたいものが書けなくなっちゃうので。

—大人と子供の間でギャップがあると思うのですが、ココアさんはそのことはどのように考えていますか。何か大人に対してのメッセージはありますか?

ココア:安全を考えて言うのでは良いけど。ちょっと厳しいなと思う点もありますね。

—みんなにメッセージをお願いします。

ココア:サラッと見ていただければそれで十分です。

—ケータイ小説家をずっと続けていきたいですか?

ココア:アイディアがある限り、続けていきますね。

—仕事というような感覚?

ココア:自分の場所ですね。遊びっていう感じもありますけど。

—表現できる場所?

ココア:息抜きできる場所。

—家では息抜きできない?(笑)

ココア:すごいできますけど(笑)。さらに、息抜きが出来る場所。自分のHPでは自分が上なので、自分の世界を管理できる。

—読者が閲覧しているって意識はある?

ココア:感想をもらうと「ああ、読んでくれる人がいるんだ。」と感じますね。

—インターネットやケータイで世界は広がった?

ココア:広がった気がします。

—インターネットの世界と現実は全く違うって感じかな?

ココア:全く違いますね。それもまた楽しいとこです。ネットでは、目に見えないんでなんでもやりたい放題(の性格)ですね。現実だと静かに生きています。

—本当の自分はどっちかな?

ココア:どっちでしょうね?ネットの方ですかね。

—これからネットに触れる後輩たちにメッセージかアドバイスを。

ココア:分からないことを検索しても良いけど、アクセスし過ぎないように。一回、何かを調べていた時にワンクリック詐欺にひっかかっちゃって。後悔しています。

—その時はどうしたの?

ココア:PCにウィルスが侵入しちゃったので、詳しい親戚の人に処理をしてもらって。本当にどうしようって思った。そういうこともあって、学習しようと思いました。

—トラブルの対処とか、インターネットモラルのことは学校で教わりました?

ココア:学校では教わりませんでした。

—自分で学習したって感じかな?

ココア:そうですね。本とかも読んで。

—検索サイトで調べたりもしますか?

ココア:ケータイでも検索で調べて。トラブルはPCとケータイとで2回ありましたから。

—ケータイでもトラブルに?

ココア:デコメの素材を取り放題できるサイトで。でも、登録したら出会い系に登録になっていたということがありました。その時は料金の請求じゃなく、迷惑メールが来るようになりました。


●インターネットやケータイの世界を、自分の場所であると感じているココアさんですが、受け身ではない、主体的なアクションがないと動かないインターネットの世界は、子どもたちや若い人にとって本当の意味での「自分でいられる場所」なのかもしれません。

そういった中で、危険な目にも会う場合もあると思いますが、ココアさんは自分で対応して対処し、学習している様子がうかがえますね。

—ネットがない世界は想像することが出来ます?

ココア:ネットとかケータイの無い生活は考えられないですね

—将来、何かもっと便利になればよいとか感じることありますか?

ココア:今はないですね。

—今の環境に満足している?

ココア:全部、満足。充実している

—ケータイもまた、変化していきますよね、iPhoneとか。

ココア:iPhoneは使ってみたいんですけど・・・。

—どうですか?

ココア:中身とかじゃなくて画面が汚くなっちゃうからどうしようかなって。あの、指とかで指紋がついちゃうので。文字がうちにくそう。

—あまりにも今使っているケータイに慣れ過ぎてるのかな?

ココア:それもありますし。ケータイよりiPhoneはちょっと大きいじゃないですか。それも含まれるかもしれない。

—動画をよく見るとのことですが、映画の『恋空』は見たことあります?

ココア:映画で1回とDVDで1回見ました。自分の中で大体、ストーリーを想像できていたんで良いなあと思いました。

—普段、映画をみることは?

ココア:映画は、自分が好きな作品だけは見ますけど。

—テレビは?

ココア:最近はテレビを見なくなった。忙しいこともあるし、インターネットのサイトの方で。

—テレビをあまり見ない理由は何かありますか?

ココア:自分の部屋にテレビがないっていうのと、面白そうだなって思える番組がない。結構、昔はバラエティとか好きで見てたんですけど。

—ワンセグも見ない?

ココア:見ない。細かいところを見る気がしないですね。

—お笑い番組は見たりする?

ココア:好きでしたね。

—インターネットでは動画を見ることが多いの?

ココア:はい。

—どのサービスを使っていますか?

ココア:ニコニコ動画とか、Youtubeとか。

—自分で映像を撮ってみようとは思わないの?

ココア:思いません。見る側ですね。

—今は気軽に動画をアップする若い人たち多いですよね。ケータイ小説では書く側、見られる側だけど、動画をケータイで撮ったりしない?

ココア:それは、公開するレベルではないかも。

—やっぱり文章が好きなのかな?

ココア:そうですね。好きですね。

—1日どのぐらいの時間、ニコ動を視ていますか?

ココア:ニコ動を見ていて、普通に一日経った時もあります。

—友達の間でもニコ動は流行っているの?

ココア:自分の周りにはあまりいないですね、だから最近話が合わなくて(笑)。

—ニコ動で面白い動画を見た時、友達に教えたりとかはしないの?

ココア:ニコ動見ている子には「これ知ってる?」ってメールしますけど、ごく一部ですよね。でもカラオケとか行くとニコ動オリジナルの曲があるんですけど、上位10位中5曲ぐらいランクインしているんですよ。わけ分からない世の中だなぁって(笑)。

—インターネット環境はどんどん進化してきているから、家にいても不自由しないですね。

ココア:最近PCで電話できるskypeとかも使っているんで。本当にケータイの使い道は小説を書くぐらいになってるかな。

—もっと便利になってほしいとかは?

ココア:今のところはないですけど。あとは、部屋でテレビが見られたら、もう言うことなしですよ(笑)。


●ココアさんは全体を通して大変フランクに話してくれました。最後には新しいメディアのお話になって行きましたが、普通に、何の抵抗もなく、環境として新しいメディアを使いこなしている様子がうかがえると思います。

サトさんもココアさんも、自分たちを「デジタルネイティブ」などとは意識していないでしょうが、明らかに新しい時代に、新しい表現を始めた人たちなのです。彼女たちの「あたりまえ」の感覚が皆様に少しでも伝われば幸いです。

アーカイブ

ページトップへ