このページの本文へ

このページの位置:
ホーム > 2010年の記事

2010年の記事

19 件中 2/2 ページ

「「子どもたちの声」アンケート結果抜粋」

カテゴリー: 子どもの利用実態

大人たちへのメッセージ

子どもたちへ魔法のiらんどのサイト上で条例やケータイ所持について取ったアンケートの結果からケータイやインターネットを巡る問題等に関して子どもたちがどのように思っているのかをご紹介する。

アンケート実施期間:2009年12月29日から2010年2月4日

記事を読む

「インターネットと子どもたちの未来について」
脳科学者 茂木健一郎氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / インターネットの安心・安全をめぐる動き

子どもたちはどういう価値観を持つべきか?

脳科学者 茂木健一郎氏

規制や技術などで縛る前に、子どもを持つ親や教育者が、子どもとインターネットの関係はどうあるべきという考え方をしっかり持つべきだ、と述べる脳科学者茂木健一郎氏。「セキュアベース」という考え方をインターネットの世界に置き換えたとき、「抑止」から「活性化」への道が見えてくる。

記事を読む

「インターネットの安心・安全について」
小僧com 平松庚三氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / インターネットの安心・安全をめぐる動き

成熟していない日本の社会

小僧com 平松庚三氏

インターネットの世界はオープン。しかし、そこに自己規制があってもオープンな世界の一つである、そこに国家や警察が規制をかけることは憂慮を覚える、と述べる平松庚三氏。運営する40代を中心としたコミュニティサイトでは会員たちが自ら規範を作っているが、今回の規制についてどう考えているのか話を聞いた。

記事を読む

「これからの学校におけるICT教育について」
文科省 鈴木寛副大臣インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / 学校内のICT

熟議カケアイから見える教育現場

文科省副大臣鈴木寛氏と鎌田真樹子デスク

文科省が主催する「熟議カケアイ」では、現場の先生のリアルな声を届けることに成功している。そのアイデアを提唱し、15年前から教育の情報化に取り組んでおられる文科省 鈴木寛副大臣に「熟議カケアイ」について、また今後の教育現場はICT技術を取り入れることでどう変わっていくのか、その展望を伺った。

記事を読む

「コミュニティサイトのあるべき姿」
千葉大学教授 藤川大祐氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / インターネットの安心・安全をめぐる動き

ネットの新たな文化における次世代育成が急務!

千葉大学教授 藤川大祐氏

コミュニティサイトの現状は「繁華街」であると言う千葉大学教授の藤川氏は、このまま規制するばかりでは日本の子どもは国際社会では生き残れないと警鐘を鳴らしている。ネット社会の利点や課題、教育についてコミュニティサイトのあるべき姿と言うテーマで話を聞いた。

記事を読む

「コミュニティサイトのあるべき姿」
社会学者・批評家 濱野智史氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / インターネットの安心・安全をめぐる動き

社会の課題としてのコミュニティサイト運営

社会学者・批評家 濱野智史氏

コミュニティサイトを使うのは若者であり、人間関係が流動的な世代が使っている。それらを国の主導で規制するというのは根本的な違和感があると、述べる濱野智史氏。インターネットの匿名性や、日本と海外との違い、コミュニティサイトを社会の課題として捉えることの重要性、また理想のコミュニティサイトについて話を聞いた。

記事を読む

「コミュニティサイトのあるべき姿」
法政大学教授 西川英彦氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / インターネットの安心・安全をめぐる動き

大事なのは新しいコンセプト

法政大学教授 西川英彦氏

性能・機能の差異でなく、価値の差異で特徴を出さないと企業は残っていけないだろうと述べる法政大学経営学部の西川英彦教授。主にマーケティングの視点からコミュニティサイト運営の未来について語ってもらった。

記事を読む

「校務のICT化はどこまで可能か」
柏市立田中小学校 西田光昭先生インタビュー

カテゴリー: 学校内のICT

校務ICT化の道のり~メリットとデメリット~

柏市立田中小学校 西田光昭先生

仕事を簡略化することができれば、先生が生徒と向き合う時間を増やすことができる。そのためにICT技術を導入している小学校がある。先生達の仕事はICT技術の導入によってどこまで短縮できるのか。学校がデジタル化をすることによってのメリット、そして導入までの道のりについて、千葉県柏市立田中小学校の西田光昭教頭先生に聞いた。

記事を読む

「コミュニティサイトのあるべき姿」
武蔵大学准教授 粉川一郎氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / インターネットの安心・安全をめぐる動き

ネットは最後のフロンティア

武蔵大学准教授 粉川一郎氏

ネットの現場を歩いてこられた武蔵大学社会学部メディア社会学科の粉川一郎准教授はネットの人格と現実の人格は別と考えるべきで、年齢などで切るべきではないと述べる。ネットの社会を一つの新たな社会として捉えたとき見えてくるものは何なのか。ネットと現実のあるべき姿を語ってもらった。

記事を読む

« 先頭  ‹ 前  1  2

アーカイブ

ページトップへ