このページの本文へ

このページの位置:
ホーム > 2012年の記事

2012年の記事

6 件中 1/1 ページ

「インターネットを安心安全に利用してもらうための取り組み」
~Yahoo! JAPAN編(Yahoo!きっず、震災対応について)~

ヤフー株式会社 事業戦略統括本部 箕輪憲良氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / インターネットの安心・安全をめぐる動き / 震災時のICT関連企業の対応

子どもが安全にネットを利用できる環境づくりがIT企業の使命

ヤフー株式会社 事業戦略統括本部 箕輪憲良氏

日本最大級のポータルサイトYahoo! JAPANの子ども向けサービスについて話を伺った。子どもが安心安全にネットを利用するために、どのような取り組みをしているのか、有害情報に対するサービス環境をどこまで整備しているのかについて現状を紹介する。また東日本大震災に対して、IT企業として取り組まれたこと、役割についても伺った。

記事を読む

「子どもがインターネット、携帯電話(スマホ含む)を安心、安全に利用するための各省庁の取り組みについて(1)総務省編」
総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部 消費者行政課 専門職 阿部かのみ氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 新たな端末・サービス / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

変化し続けるネット社会には、スピード感を持って対応できる民間の取組みが重要

総務省 阿部かのみ氏

総務省が青少年インターネット環境整備法施行以降に取り組んできた施策や考え方について消費者行政課の阿部専門職に尋ねた。他省庁との役割分担を含め、今後の課題についても伺った。

記事を読む

「高校生のケータイ、インターネットに対する考え方(1)」
~大人へのメッセージ~

奈良県立奈良朱雀高等学校3年 金子真志氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態

先進的高校生が考えるインターネット私感(男子生徒編)

金子真志氏

高校生熟議にリーダー的立場で参加し、高校生が抱えるインターネットの安心安全に関する感じ方について、どのような変化があったのか、自分の周りの高校生のインターネット、携帯電話、スマートフォンの利用状況などについて、男子高校生の立場から率直な意見を伺った。

記事を読む

「高校生のケータイ、インターネットに対する考え方(2)」
~SNSは海外との窓口~

羽衣学園高等学校 女子生徒へのインタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態

先進的高校生が考えるインターネット私感(女子生徒編)

羽衣学園高等学校 女子生徒の皆さん

高校生熟議にリーダー的立場で参加し、高校生が抱えるインターネットの安心安全に関する感じ方について、どのような変化があったのか、自分の周りの高校生のインターネット、携帯電話、スマートフォンの利用状況などについて、女子高校生の立場から率直な意見を伺った。

記事を読む

「子どもたちがICTを使いこなせる大人になるために(1)基調講演」
川崎市PTA連絡協議会 ICT学習会(2012年7月20日)

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

スマートフォンってどんなもの?子どもが使って大丈夫?

藤川大祐氏

2012年7月20日、川崎市PTA連絡協議会主催で実施されたICT学習会での千葉大学教育学部教授 藤川先生(安心協普及啓発作業部会主査)による基調講演を紹介する。藤川先生が専門である教育方法学の研究の一環で、子どものメディアリテラシー研究や啓発活動に取り組まれているが、今回はスマートフォンに焦点をあてた講演を抜粋する。

記事を読む

「子どもたちがICTを使いこなせる大人になるために(2)会場トークセッション」
川崎市PTA連絡協議会 ICT学習会(2012年7月20日)

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

スマートフォンについて親子はどのように向き合っていけばいいのか?

4名の登壇者

2012年7月20日、川崎市PTA連絡協議会主催で実施されたICT学習会のトークセッションの模様を紹介する。ケータイ、スマホ、インターネットに対して保護者がどのような悩みを抱えているのか、その質問に対してパネリストはどう回答したのか。親と子、学校、地域が子どもの安全・安心にどう向き合えばいいのか、最新動向がみえてくる。

記事を読む

アーカイブ

ページトップへ