このページの本文へ

このページの位置:
ホーム > 記事一覧

記事一覧

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県野々市町保護者インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

持たせない運動の実態とその影響

「危険がいっぱい!子どものケイタイ」(町役場入り口に掲げられた看板)

急遽、野々市町に住む3人のお子さんをお持ちの保護者の方に、実際の野々市町の携帯事情について伺った。県や町が力を入れているというリテラシー教育だが、実態はあまり浸透していないようだ。

記事を読む

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県議会議員 盛本芳久氏インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

携帯を持たせないことへの違和感

石川県議会議員 盛本芳久氏

「いしかわ子ども総合条例」に反対討論した盛本芳久県議会議員に、条例に対しての違和感、条例化の問題点、今後について意見を伺った。県内保護者から当惑の声が聞かれたという盛本議員は、条例が携帯所持率が他県よりも低いからすばらしいといったことになりかねないと危惧している。

記事を読む

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県県庁インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

「持たせない」という言葉の裏側

「いしかわ子ども総合条例」を実際に所管する石川県庁、条例改正に伴い県として、その周知活動や効果測定はいかにして行われているのか、現在までの活動から見えてきた課題などを含め伺った。

記事を読む

「ケータイ小説とネットの関わり」
ケータイ小説家 サトインタビュー

カテゴリー: 子どもの利用実態

子どもは大人を受け入れようとしている、大人は?

ケータイ小説という新たなジャンルが生まれ、書籍化、アニメ化などそのニーズは高まっている。ケータイ小説家であるサトさんのストレートに発せられる言葉からはケータイを取り巻く環境に対して強いメッセージが込められている。

記事を読む

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県PTA連合会副会長 坂井浩明氏インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

持たせないことは解決ではないが‥

携帯を持たせることは解決ではないとしながらも、原則、小中学生に携帯を持たせないという宣誓文を発表した石川県PTA連合会。副会長である坂井浩明氏にPTAの立場から、発表に至った経緯とこれからの課題について伺った。

記事を読む

「インターネット自律史」

カテゴリー: インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

古き良きパソコン通信時代

インターネットの変遷を振り返った時、いくつかの時代に区切ることができる。パソコン通信時代、インターネット黎明期、ブロードバンド時代、コミュニティサイト発展期などである。ここでは過去を振り返りながら、今コミュニティサイトで問題になっていることが、その時代には問題として提起されていたのか、またそこから見えてくる解決方法を探る。

記事を読む

「メディアは、子ども達に影響を与えてきたのだろうか?」
子ども調査研究所 主任研究員 近藤純夫氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / 子どもの利用実態

道具は使い方次第!そんなの当たり前。

「インターネットは子どもに影響なんて与えていません」子ども調査研究所 主任研究員 近藤純夫氏ははっきりと言う。時代の流れとともに卒業しないで大人になる社会の中で、便利な道具を持つ子どもに、大人が教えなくてはいけない事は何だろうか?

記事を読む

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県議会議員 宮元陸氏インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

地方から国へ、呼びかけとしての条例改正

石川県議会議員 宮元陸氏

携帯電話の所持率を低下させることではなく、親に対して情報社会の在り方について考えさせることが目的だと述べる自由民主党石川県議会議員の宮元陸氏。全国初の携帯電話所持規制が盛り込まれた「いしかわ子ども総合条例」の条例改正に大きな役割を果たした、宮元氏に条例を作るに至った経緯から、その真意を伺った。

記事を読む

« 先頭  ‹ 前  1  2  3  4

アーカイブ

ページトップへ