このページの本文へ

このページの位置:
ホーム > 子どもの利用実態

子どもの利用実態

16 件中 1/2 ページ

「文部科学省委託事業『ケータイモラルキャラバン隊』」
北九州市PTA協議会研修会(2013年3月2日開催)

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

子どもたちが情報社会に向き合うために、大人がやるべきこと

研修会の様子

北九州市で2013年3月2日に開催されたケータイモラルキャラバン隊では、事業者の取り組みについて紹介があり、その後、文科省、各地の取り組みについての話があった。会場参加者からの質問も受け付ける形で、家庭でのコミュニケーションの取り方、学校、地域でのコミュニケーションの取り方について議論が交わされた。

記事を読む

「文部科学省委託事業『ケータイモラルキャラバン隊』」
兵庫県PTA協議会研修会(2013年2月23日開催)

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

子どもたちが情報社会に向き合うために、大人がやるべきこと

パネリスト

ネット依存に陥らず、賢く携帯・スマホをはじめとした情報機器を利用するためにはどうしたら良いのか。兵庫県姫路市で開催された研修会では、姫路市の現状を踏まえて、活発な意見交換が行われた。

記事を読む

「文部科学省委託事業『ケータイモラルキャラバン隊』」
札幌市PTA協議会研修会(2013年2月6日開催)

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

子どもたちが情報社会に向き合うために、大人がやるべきこと

パネリスト

多様な端末が普及する中、子どもを有害環境から守るためにはフィルタリングをかければそれで良いのか。参加者、パネリストであるPTA、教育委員会、文科省、企業参加者といった様々な立場の方々から意見交換が行われる中で、それぞれの情報を共有していき、人間力をみがく必要性があるのではという議論が行われた。

記事を読む

「文部科学省委託事業『ケータイモラルキャラバン隊』」
石川県PTA連合会研修会(2013年2月2日開催)

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

子どもたちが情報社会に向き合うために、大人がやるべきこと

パネリスト

石川県で平成19年に制定されたいしかわ子ども総合条例では、小中学生の携帯電話所持についての条項が盛り込まれている。その後、石川県の状況はどのように変化してきたのか。新たに登場してきた情報機器の普及の影響や子どもたちの利用実態から実行的なモラル教育についての意見交換がなされた。

記事を読む

「文部科学省委託事業『ケータイモラルキャラバン隊』」
仙台市PTA協議会研修会(2013年1月28日開催)

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

子どもたちが情報社会に向き合うために、大人がやるべきこと

曽我邦彦氏

2013年1月28日に文部科学省委託事業「ケータイモラルキャラバン隊」仙台市PTA協議会が開催された。当日は、パネリストから仙台市での取り組み、子ども達の利用実態について紹介があった。その上で保護者は、学校は今後の子ども達のために何をするべきかと、活発な議論が交わされた。

記事を読む

「スマホ時代を生きていく子どもたちのために」
新潟県小中学校PTA連合会研修会(2013年1月26日)

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

子どもたちが情報社会に向き合うために、大人がやるべきこと

竹内和雄氏

2013年1月26日に、新潟県小中学校PTA連合会主催の「スマホ時代を生きていく子どもたちのために」と題された研修会が開催された。当日は、参加した保護者からの質問を軸にパネリスト達や各企業が、子どもたちのためにどのような取り組みをしてきてそして、今後どういったことが行えるかについて議論を行った。

記事を読む

「高校生とネットの現状-スマホ時代を迎えて-」
平成24年度茨城県高等学校PTA連合会「生徒指導中央大会」(2013年1月25日)

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

スマートフォン時代を迎えた今、子ども達に何を伝えていくべきか?

会場外観

2013年1月25日に茨城県高等学校PTA連合会にて開催された生徒指導中央大会では、スマホ時代を迎え、子ども達の利用実態はどのようなもので、またどのようなサービスが提供されているのかについてパネリストの間で意見交換が行われた。その中で、今後、子ども達にどのように接していくか解決策を探った。

記事を読む

「文部科学省委託事業 『ケータイモラルキャラバン隊』 トークセッション」
鹿児島県PTA連合会 研修会

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

子どもたちが情報社会に向き合うために、大人がやるべきこと

パネリスト

文部科学省委託事業「ケータイモラルキャラバン隊」鹿児島県PTA連合会 研修会が2013年1月20日に開催された。子どもたちが、どのようにして情報社会に向き合えば良いのか、大人は何を手助けすれば良いのかをテーマに、鹿児島県の取り組みと合わせて5人のパネリストがトークセッションを行った。

記事を読む

「子どもたちがICTを使いこなせる大人になるために(2)会場トークセッション」
川崎市PTA連絡協議会 ICT学習会(2012年7月20日)

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

スマートフォンについて親子はどのように向き合っていけばいいのか?

4名の登壇者

2012年7月20日、川崎市PTA連絡協議会主催で実施されたICT学習会のトークセッションの模様を紹介する。ケータイ、スマホ、インターネットに対して保護者がどのような悩みを抱えているのか、その質問に対してパネリストはどう回答したのか。親と子、学校、地域が子どもの安全・安心にどう向き合えばいいのか、最新動向がみえてくる。

記事を読む

「子どもたちがICTを使いこなせる大人になるために(1)基調講演」
川崎市PTA連絡協議会 ICT学習会(2012年7月20日)

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態 / 新たな端末・サービス / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

スマートフォンってどんなもの?子どもが使って大丈夫?

藤川大祐氏

2012年7月20日、川崎市PTA連絡協議会主催で実施されたICT学習会での千葉大学教育学部教授 藤川先生(安心協普及啓発作業部会主査)による基調講演を紹介する。藤川先生が専門である教育方法学の研究の一環で、子どものメディアリテラシー研究や啓発活動に取り組まれているが、今回はスマートフォンに焦点をあてた講演を抜粋する。

記事を読む

1  2    最後 »

アーカイブ

ページトップへ