このページの本文へ

このページの位置:
ホーム > 各地の取り組み(ケータイ所持規制)

各地の取り組み(ケータイ所持規制)

17 件中 2/2 ページ

「コミュニティサイトのあるべき姿」
国際大学講師 庄司昌彦氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

必要なのはオバサン的コミュニケーション力

かつて地域SNSを運営していた経験をお持ちの庄司昌彦氏、コミュニティサイトに必要なのは「おばさん的コミュニケーション」だと言う、コミュニティサイトを考えるのは、メンバーそれぞれが社会の中でどう人間関係を作っていくのか考えることでもある。そこから見えるコミュニティサイトの在り方とは?

記事を読む

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県野々市町町長 粟貴章氏インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

中学生までは携帯を持たなくて良い、という意識作り

石川県野々市町町長 粟貴章氏

小中学生に対して携帯不所持運動「プロジェクトK」を町ぐるみで展開している石川県野々市町の粟貴章町長に話を伺った。プロジェクトKに至った背景にある問題や、その効果について、町としてはどう捉えているのだろうか。

記事を読む

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県野々市町保護者インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

持たせない運動の実態とその影響

「危険がいっぱい!子どものケイタイ」(町役場入り口に掲げられた看板)

急遽、野々市町に住む3人のお子さんをお持ちの保護者の方に、実際の野々市町の携帯事情について伺った。県や町が力を入れているというリテラシー教育だが、実態はあまり浸透していないようだ。

記事を読む

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県議会議員 盛本芳久氏インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

携帯を持たせないことへの違和感

石川県議会議員 盛本芳久氏

「いしかわ子ども総合条例」に反対討論した盛本芳久県議会議員に、条例に対しての違和感、条例化の問題点、今後について意見を伺った。県内保護者から当惑の声が聞かれたという盛本議員は、条例が携帯所持率が他県よりも低いからすばらしいといったことになりかねないと危惧している。

記事を読む

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県県庁インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

「持たせない」という言葉の裏側

「いしかわ子ども総合条例」を実際に所管する石川県庁、条例改正に伴い県として、その周知活動や効果測定はいかにして行われているのか、現在までの活動から見えてきた課題などを含め伺った。

記事を読む

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県PTA連合会副会長 坂井浩明氏インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

持たせないことは解決ではないが‥

携帯を持たせることは解決ではないとしながらも、原則、小中学生に携帯を持たせないという宣誓文を発表した石川県PTA連合会。副会長である坂井浩明氏にPTAの立場から、発表に至った経緯とこれからの課題について伺った。

記事を読む

「いしかわ子ども総合条例改正について」
石川県議会議員 宮元陸氏インタビュー

カテゴリー: 各地の取り組み(ケータイ所持規制) / インターネットの安心・安全をめぐる動き

地方から国へ、呼びかけとしての条例改正

石川県議会議員 宮元陸氏

携帯電話の所持率を低下させることではなく、親に対して情報社会の在り方について考えさせることが目的だと述べる自由民主党石川県議会議員の宮元陸氏。全国初の携帯電話所持規制が盛り込まれた「いしかわ子ども総合条例」の条例改正に大きな役割を果たした、宮元氏に条例を作るに至った経緯から、その真意を伺った。

記事を読む

« 先頭  ‹ 前  1  2

アーカイブ

ページトップへ