このページの本文へ

このページの位置:
ホーム > フィルタリング

フィルタリング

17 件中 2/2 ページ

「高校生のケータイ、インターネットに対する考え方(2)」
~SNSは海外との窓口~

羽衣学園高等学校 女子生徒へのインタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態

先進的高校生が考えるインターネット私感(女子生徒編)

羽衣学園高等学校 女子生徒の皆さん

高校生熟議にリーダー的立場で参加し、高校生が抱えるインターネットの安心安全に関する感じ方について、どのような変化があったのか、自分の周りの高校生のインターネット、携帯電話、スマートフォンの利用状況などについて、女子高校生の立場から率直な意見を伺った。

記事を読む

「高校生のケータイ、インターネットに対する考え方(1)」
~大人へのメッセージ~

奈良県立奈良朱雀高等学校3年 金子真志氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 子どもの利用実態

先進的高校生が考えるインターネット私感(男子生徒編)

金子真志氏

高校生熟議にリーダー的立場で参加し、高校生が抱えるインターネットの安心安全に関する感じ方について、どのような変化があったのか、自分の周りの高校生のインターネット、携帯電話、スマートフォンの利用状況などについて、男子高校生の立場から率直な意見を伺った。

記事を読む

「子どもがインターネット、携帯電話(スマホ含む)を安心、安全に利用するための各省庁の取り組みについて(1)総務省編」
総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部 消費者行政課 専門職 阿部かのみ氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / 新たな端末・サービス / インターネットの安心・安全をめぐる動き / その他

変化し続けるネット社会には、スピード感を持って対応できる民間の取組みが重要

総務省 阿部かのみ氏

総務省が青少年インターネット環境整備法施行以降に取り組んできた施策や考え方について消費者行政課の阿部専門職に尋ねた。他省庁との役割分担を含め、今後の課題についても伺った。

記事を読む

「インターネットを安心安全に利用してもらうための取り組み」
~Yahoo! JAPAN編(Yahoo!きっず、震災対応について)~

ヤフー株式会社 事業戦略統括本部 箕輪憲良氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / インターネットの安心・安全をめぐる動き / 震災時のICT関連企業の対応

子どもが安全にネットを利用できる環境づくりがIT企業の使命

ヤフー株式会社 事業戦略統括本部 箕輪憲良氏

日本最大級のポータルサイトYahoo! JAPANの子ども向けサービスについて話を伺った。子どもが安心安全にネットを利用するために、どのような取り組みをしているのか、有害情報に対するサービス環境をどこまで整備しているのかについて現状を紹介する。また東日本大震災に対して、IT企業として取り組まれたこと、役割についても伺った。

記事を読む

「監視事業者の社会的役割と活動について」
監視事業者連絡会 座談会

カテゴリー: インターネットの安心・安全をめぐる動き / フィルタリング

監視事業者のあるべき姿とは?

座談会の様子

インターネットの違法・有害情報に関しては、監視事業者という立場で関係している方々がいる。インターネット社会が成熟化する中で出てきた新たな業種である監視事業者の方々に、その成り立ちと役割について、対談形式で4社5人の方に集まってもらった。この4社は監視事業者連絡会を設立し、監視事業者としての社会的役割について考えている。コミュニティサイトのあるべき姿について考える時に、監視事業者の話は非常に重要な指摘がいくつも含まれているので、その事業内容について伺った。

記事を読む

「法社会学から見たネットでの青少年の犯罪について」
桐蔭横浜大学教授 河合幹雄氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / インターネットの安心・安全をめぐる動き

インターネット犯罪は本当に社会問題なのか?

桐蔭横浜大学教授 河合幹雄氏

河合先生のインターネットに関する提言は、法社会学という大変興味深い分野の視点から語られた。ネットや青少年の犯罪の因果関係については、これまでの議論と違った視点から考えさせられる指摘を頂いた。危険性を論じる前に、前提を認識しなければならないことを教えられた。

記事を読む

「コミュニティサイトのあるべき姿」
社会学者・批評家 濱野智史氏インタビュー

カテゴリー: 情報モラル・リテラシー教育 / フィルタリング / インターネットの安心・安全をめぐる動き

社会の課題としてのコミュニティサイト運営

社会学者・批評家 濱野智史氏

コミュニティサイトを使うのは若者であり、人間関係が流動的な世代が使っている。それらを国の主導で規制するというのは根本的な違和感があると、述べる濱野智史氏。インターネットの匿名性や、日本と海外との違い、コミュニティサイトを社会の課題として捉えることの重要性、また理想のコミュニティサイトについて話を聞いた。

記事を読む

« 先頭  ‹ 前  1  2

アーカイブ

ページトップへ